他のED治療薬のいい所取り

アジア人向けに作られた

アバナフィル(アバナ)について紹介していきたいと思います。

ED治療薬を服用したことがある人でもアバナフィル(アバナ)という名前はあまり聞いたことが無いと思います。

それもそのはずです。日本ではまだ未承認となっている状態のこれからどんどん注目されていくであろう次世代型のED治療薬なんです。

世界中で人気で知名度が高い俗に言う3大ED治療薬ですが、その次に開発がされた第4のED治療薬なんです。

それがステンドラと呼ばれるものです。

あれ?アバナフィル(アバナ)じゃないの?って思われるかもしれませんが、アバナフィル(アバナ)はステンドラのジェネリック医薬品です。

日本では承認されてすらいないステンドラですが、海外に目を向けるとジェネリック医薬品が誕生しています。もちろんこれはジェネリック大国と呼ばれているインドの特許の関係上インドだけしか製造・販売されていません。

ですから初めて利用するのであれば値段の安いアバナフィル(アバナ)を購入したほうがお試しで使用するにはちょうどいいですよね。

でも日本で未承認の薬ってまだ怖いなって思うかもしれませんが、考えてください。もともとED治療薬は全て海外で製造・販売されています。

そして日本で認可されて製造と販売をするにあたって全て加工されずにそのまま病院で処方されています。

日本で未承認だからと言ってそこまで気にしないで大丈夫です。世界中で高い評価を得ています。

そして何よりもアバナフィル(アバナ)は日本の製薬会社が最初に開発を進めていました。

そこからVIVUS社という会社に譲渡されてそこからアメリカで発売されたという経緯があります。

アバナフィル(アバナ)の特徴は何と言っても日本を始めとしたアジア人の体型に合わせたED治療薬と言えます。

西洋人や欧米人の場合どうしても体格に違いがあるためどうしてもアジア人には副作用が強くなってしまうという意見がありました。

タダラフィル(シアリス)も副作用が出づらいとされていますが、アバナフィル(アバナ)はそれと同じかそれ以上に副作用が出づらいと言われています。

アバナフィル(アバナ)の特徴と言うのは言ってしまえばこれまで開発されたED治療薬の良いところを凝縮したような薬と言われています。

空腹時に服用すれば口に入れてから最短15分から効果が現れる即効性と食事の影響を受けづらいと言われているので、まさにバルデナフィル(レビトラ)とタダラフィル(シアリス)と同じほど影響を受けづらくさらに副作用も受けづらいと言う薬です。

薬の効果時間はシルデナフィル(バイアグラ)と同じ5時間程度とされていますが、性行為をするには十分すぎる時間ですよね。

即効性があり、食事の影響を受けづらく一度体内に薬の成分が行き渡ったらそれ以降は食事の影響も受けないと言うのがいいですよね。

副作用においてもシルデナフィル(バイアグラ)・バルデナフィル(レビトラ)・タダラフィル(シアリス)とほとんど同じで目の充血・顔の火照り・頭痛やめまいなどがあります。

副作用が出ないと言うことで副作用が辛く感じる人におすすめです。

アバナフィル(アバナ)はまだ日本では未承認ですが、そもそも日本の新薬を承認する機関は非常に時間がかかります。

そしてこれまでに発売されたED治療薬というのはきちんと承認されて病院で処方されてきています。

ですからこのアバナフィル(アバナ)も承認されることが分かりますよね。

これから先正式に日本の病院でも処方されるようになったら間違いなく人気が出てくるでしょう。

ステンドラはアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)で承認を受けていますし、アバナフィル(アバナ)を製造販売をしている会社はサンライズレメディーズ社はWHO(世界保健機関)による医薬品などの製造品質管理基準に基づいて製品を開発をしています。

つまり世界で認められている会社とも言われています。

ですから安心して試すことが出来ます。

ステンドラを試すよりも圧倒的にコストを抑えて服用することが出来るのがアバナフィル(アバナ)なんです。

薬と言うのは個人差が非常に出やすいもので今まで満足の行く効果が中々現れなかった人でもアバナフィル(アバナ)を利用すれば満足行く結果が出るかもしれません。

最新の次世代ED治療薬と呼ばれている薬をぜひ早いうちに一度は試しに服用してみましょう。