圧倒的な持続時間

食事の影響を受けづらい

タダラフィル(シアリス)について紹介していきたいと思います。

タダラフィル(シアリス)はアメリカのイーライリリー社から2003年に発売されてシルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)の次に誕生した3番目のED治療薬と言われてあり、日本では第3世代のED治療薬と呼ばれています。

シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)の3つを合わせて3大ED治療薬と呼ばれているほど有名な薬です。

日本ではタダラフィル(シアリス)は2007年に認可されました。

つまり他の国と比べると4年もの月日が経ってから販売されていたのです。勃起不全に悩んでいる人からしてみれば当時最新の薬と言われていたタダラフィル(シアリス)を手に入れるのにかなり時間がかかったのです。

ですが、タダラフィル(シアリス)が今すぐ欲しいと思っている人は医薬品個人輸入代行サイトを利用することで病院で処方される前から早くに手に入れていたのです。

医薬品個人輸入代行サイトはここ最近誕生したと思われていますが、昔から存在していたサービスの1つです。

なぜそこまでして多くの人が病院で処方される前から欲していたのかと言うとそれはタダラフィル(シアリス)が今までのシルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)とは違った特徴があったからです。

その特徴と言うのは持続作用時間が圧倒的に長いと言うことです。

シルデナフィル(バイアグラ)で最大6時間、バルデナフィル(レビトラ)は最大で10時間効果が持続します。

しかし、タダラフィル(シアリス)に関しては最大36時間もの間効果を発揮します。1日半以上効果を持つので金曜日の夕方から服用すれば日曜日の朝まで効果を発揮すると言うことから『ウィークエンドピル』と呼ばれています。

金曜日に1錠服用してしまえば後は乗り切れてしまうと言うことはかなり経済的にも助かると言う人は多いです。

夫婦や付き合いが長いカップルと言うのは総じて週末に性行為をする事が多いです。

ですから付き合いが長くてED治療薬を服用していることを理解している関係さえ築いていたらありがたい薬ですよね。

でも『ウィークエンドピル』と呼ばれていてもじゃあその間は一切食事を摂ってはいけないのか?って思うかもしれませんが、タダラフィル(シアリス)は体内に吸収させてしまえば食事の影響を受けないため変な制約や食事のことを気にすることもありません。

長く、そして食事の影響を受けづらい為に2002年10月から発売されてから世界100ヶ国以上で1000万人以上の人に使用されてきており、2013年8月には全世界のシェア率が42%となって世界第一をとなりました。

タダラフィル(シアリス)もシルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)と同じように3つの規格で販売されています。

タダラフィル(シアリス)は【 5mg・10mg・20mg 】の3つで販売されています。主成分であるタダラフィル5mg錠は病院でも処方されることはほとんどありません。

またどうせ購入するのであればタダラフィル(シアリス)20mg錠を服用するのがお勧めです。

そもそもタダラフィル(シアリス)錠は副作用が非常に少ないことでも有名です。副作用の症状としては目の充血、顔のほてり、顔の紅潮、めまい、頭痛がありますが、他のED治療薬よりは少ないと言われています。

ですから10mg錠を服用するのではなくて20mg錠を服用すればたとえ10mg錠が効かなかった場合でも主成分が2倍入っている20mg錠を服用すれば効果は発揮されると思います。

もし今まで10mg錠で効果は発揮されるとなっても20mg錠を購入しておいてピルカッターなどで割って使えば値段もかなり安く購入できるようになるのです。

圧倒的な持続作用時間と最初に服用さえしておけば薬の影響を受けないと言うことで人気が高いタダラフィル(シアリス)ですが、1つだけ気をつけなくてはいけません。

それは主成分であるタダラフィルは遅れて薬が効いてくる遅効性の薬という点です。

レビトラやバイアグラのように1時間以内に薬が効いてくると服用しても薬の効果が現れるのは大体3時間ほどかかると言われています。

また薬の効果が現れるのも1時間から効果を発揮する人もいれば4時間近く経ってから薬の効果が現れ始めたりと個人差が大きいです。

ホテルに行くことになってから服用したのでは間に合いませんので使用する際には十分気をつけましょう。

また空腹時に服用して十分に薬の効果が体内に行き渡らせた状態であれば食事の影響を受けないですが、食事をした後に薬を服用しようと思ったら大体食後2時間後、油ものが多い場合は4時間以上空けることが望ましいです。

ですからデートに出かけてデート後にだいたい性行為をするとなったら何も食べていない状態の家を出るときに1錠服用しておけば携帯をする必要も無いので盛ってくるのを忘れると言う心配もありませんよね。

出かける前に1錠服用しておけば後は心配は無いといえるでしょう。

即効性はないということだけは気をつけるようにしましょう。

タダラフィル(シアリス)の副作用においては他と同じで顔の紅潮、顔の火照り、目の充血などが挙げられます。また頭痛やめまいをするという報告も挙がっていますが、シアリスの場合は副作用が少ないと言う意見も多いです。

副作用って薬が効いている間は続くんでしょ?って思われるかもしれませんが、さすがに36時間も副作用があるわけではありません。

シアリスはだいたい服用してから大体4時間ぐらいが薬の効果が最大となって現れそこから緩やかに効き目が下降して行きますから徐々に副作用も収まっていきます。

基本的に24時間以上副作用が続くようでしたら専門の医者に相談をいましょう。

また他にはないタダラフィル(シアリス)だけの服用の仕方なのですが、基本的に高容量配合されたED治療薬を1錠服用したら24時間空けますよね。

しかし、タダラフィル(シアリス)の場合24時間以上効果が持続しますが、24時間空いているのであれば服用しても問題ないのです。

つまり先に服用した薬の効果プラス新しいタダラフィル(シアリス)を上乗せした形でより効果を実感することが出来るのです。

これはタダラフィル(シアリス)だけの服用方法と言っていいでしょう。

長年にわたって一緒に住んだり付き合ったりしているカップルにとってタダラフィル(シアリス)は非常に愛用されている今現在病院で処方されている最新の薬と言えます。

興味があるのであれば医薬品個人輸入代行サイトではジェネリック医薬品として購入できるので是非とも試しにジェネリック医薬品で試してみましょう。