ネット上で偽物が出回る

正規品を手に入れよう

医薬品個人輸入代行サイトを利用する際に必ず気をつけなければいけないのは大手サイトを利用することが大切です。

残念ながらインターネット上でで出回っている54%が偽物と言われています。

そしてインターネット上で出回っている偽物の大半がED治療薬とも言われているので気をつけなければいけません。

日本は安全な国です。だからこそ日本人はリスクヘッジが出来ていないと言われています。

日本の警察もこのインターネット上での偽物が日本に多く出回っており、日本人がターゲットにされていることを問題視しており検挙数もどんどん増えてきています。

それでも日本人が悪徳業者のターゲットにされていることは間違いありませんのでしっかりとED治療薬の正規品と偽物の見分け方を把握しておく必要があります。

まず基本的にはどんなものが偽物なのか判断をしましょう。



シルデナフィル(バイアグラ)が販売されている規格は3つで【 25mg・50mg・100mg 】の3つです。しかし、偽物のシルデナフィル(バイアグラ)は『1000mg』などの表記が入っていたり、偽の容器に入っていたりします。

薬に刻まれているマークが違ったり、数字の表記が違ったりしています。

バルデナフィル(レビトラ)やタダラフィル(シアリス)が販売されている規格は【 5mg・10mg・20mg 】です。

しかし、シルデナフィル(バイアグラ)の規格と同じ規格の【 25mg・50mg・100mg 】に販売をしている偽物もありますので気をつけましょう。

アバナフィル(アバナ)は【 50mg・100mg・200mg 】と種類はそれぞれですのでまずは違いを見極めるための情報を頭に入れておくことが大切です。

何も知らなければ見極めもできません。

次に医薬品個人輸入代行サイトでは画像でしっかりと表示されているかどうかを見ておきましょう。

もし正規品の画像を使っていて偽物を送っていたらサイトはすぐに逮捕されてしまいます。

医薬品個人輸入代行サイトを利用する際には大手サイトを利用することが大切ですが、大手サイトの見極める必要があります。

まずは運営歴が長いところを利用しましょう。5年以上運営をしているところを利用することが大切です。

他には住所や運営者の名前・サポートがしっかりしている等々会社情報が日本語でかかれているかなどは見ておかなければいけません。

偽物を製造をしている悪徳業者は偽物の決して環境が良いところで作られていません。ED治療における成分は何も入っていないだけではなくてときに人体に悪影響を与えてしまう可能性があります。

せっかく購入しても荷物が届かなくてお金だけ支払うハメになったりと色々な手口があります。

インターネット上で取引される薬の54%が偽物です。

これだけ多くの偽物が多く出回っているということは決して油断ならない数字です。

大手サイトを選びさえすれば問題ないかもしれませんが、正規品を届けるサイトを利用するまでは気をつけなくてはいけません。

特に初めて利用する人は十分に調べてから利用するようにして下さい。