不妊治療の現場でも使われる

全く影響は出ない

今はインターネットを通じて出会い結婚に至ったり、婚活パーティなどで意気投合してそこから付き合うことも珍しくありません。

職場恋愛が出会いの定番といえると思いますが、もう職場恋愛ではなくて自由な形で場所を選ばずに出会いを求めている人も増えてきました。
お互いに出会い付き合ってそして恋愛をしていって2人の自由な時間や思い出を作ってから子供を作っていこうと考えている人もいるでしょう。

そしてある程度思い出も作ったり、両親が早く孫の顔を見たいとかいってそろそろ本格的に子作りをしていこうと考える人もいるでしょう。

それから自由気ままに自然の成り行きに任せて子作りをしていても中々タイミングなどに恵まれなくて本格的に妊活をしようと思って不妊治療に臨む人もいますよね。

特に女性の場合は年齢を重ねれば重ねるほど出来にくくなるわけですからナーバスになるものです。

不妊症の定義としては「男女が妊娠を希望し、1年間避妊することなく性交を続けているのに妊娠しない場合」を不妊症と定義しているようです。

出きる事ならば自然妊娠をしたいと思っている夫婦が多いと思いますので不妊治療の第一歩としては妊娠しやすいタイミングを見計らって子作りを行うことが第一歩ですよね。

しかし、この決められた日に必ず性行為をしなくてはいけないと言うことが男性からしてみれば性的興奮が冷めてしまったり性的欲求が沸きづらくなってしまうのです。

今までは自分の好きなタイミングで性的欲求や興奮が沸いた時に自然の成り行きに任せて行っていたものがどこか作業的に感じてしまって今まで勃起不全じゃなかった人も勃起不全になってしまうのです。

女性からしてみれば気合で何とかして思ってしまいますし、月に3日間しかないチャンスを無駄にしたくないと思ってしまい喧嘩の原因にもなってしまいます。

女性は妊活中に毎月生理が来ることに絶望や深くショックを受けてしまうものです。

女性からしてみれば何とか男性には子作りが出来るように勃起だけでもして欲しいと言う思いですよね。

そんな時に役に立つのがED治療薬です。

ですがED治療薬が原因で精子に異常をきたして染色体異常になってしまったとか妊娠しづらくなってしまうのではないかと不安に思う人も多いと思います。

しかし、ED治療薬はそもそも血管を拡張させて血流を良くして、勃起を収めようとするはPDE5を阻害して勃起を長持ちさせるものです。

精子や子宮に影響を与えるものではありません。

不妊治療の専門医が今までEDに特に悩まされていたり中折れすることもないという人でもいざ妊活を始めたらプレッシャーからED治療薬を渡したりするほどです。

そしてこれまでにED治療薬が原因で子供や妊娠に影響を与えたと言う事例は報告されていません。

不安ならば専門医に話を聞いてみましょう。

大きなショックと負担を男性の想像以上に女性は感じるものですから是非とも男性としては最低限の役割として性行為が出来る状況で居たいものですよね。